学び多き2日間

停電の影響で取引先もみんなお休みのため卵がたまっていたのと、
唯一のスーパーのセイコーマートが空っぽ、

お肉や魚などのタンパク源が手に入りにくいので
お世話になっているご近所さんに地震見舞いを兼ねて卵を持って行きました。

 



するとあげた先々で野菜やりんご、おせんべい、タコ足、ブリの切り身、鮭、スモークサーモンなどのお返しに頂いたりして食材が豊富になりました。
f:id:tobutorifarm:20180912125615j:image

 


2日目の夜ご飯の様子

f:id:tobutorifarm:20180912125708j:imagef:id:tobutorifarm:20180912125720j:image
子どもたちは停電を最高に楽しんでました
f:id:tobutorifarm:20180912125650j:image

電気に懐中電灯ぶら下げて(ペットボトルでカバーつけて明るさを気持ち増しました)


停電で唯一困ったのは洗濯機が使えないこと
2日分の洗濯物がたまってきたので手洗い
f:id:tobutorifarm:20180912125803j:image

優作もちょっとお手伝い

結局途中で純平が起きたので中断
電気復旧後に洗濯機使って洗いました

2日目のご飯も暗い中で過ごし
20:30にはみんな就寝

22:45過ぎに今までうんともすんとも言わなかったお父さんの携帯から沢山の受信音。

これは!と思い外を見ると街灯が…



室内のスイッチを押すと明かりが!!

f:id:tobutorifarm:20180912125830j:image
電気が通った瞬間の安堵感

 


自分が感じてた以上に不安な気持ちもあったんだなぁと思いました。

今回の地震、停電は色々と考えさせられました。


【今回の地震&停電を終えて】
○良かったこと
*懐中電灯、ラジオは普段からある場所把握していた(すぐ使える状態だった)
*普段から土鍋でご飯が炊く習慣があった
*鶏を飼っていると卵があるのでタンパク源に困らない(最終手段は鶏肉食べれる)
*ご近所さんとの交流は大事
*卵があったので物々交換で食料が豊富になった

○大変だったこと
*洗濯機が使えなかった
*卵磨く時間がなかった
*牛乳が手に入らない

○わかったこと
*洗濯機が女性の社会進出に大きな助けになったんだなぁ
*子どもは停電を楽しんでいて怖がらない
*夜は何も出来ないので早く就寝、健康的だった

○今後気をつけること
*電池のストックは買っておく
*ガソリンは半分以上入ってるようにする
*冷凍庫には肉、魚などのストックがあるようにしておく
*ガスが停止したとき用にカセットコンロ常備する
*冬の場合も想定しておく


 

あげ始めたらきりが無いですが、

日常のありがたさを思い知る出来事となりました。

 

このような災害はこれからまだ起きると思いますが、

そのときに今回の経験を活かせるよう

夫婦で対策していきたいです。

未体験の地震、停電…次々やって来ました

9/6の夜中に発生した厚真震源で発生した地震により、

飛ぶ鳥農場のある石狩は震度5の揺れに見舞われました。

 

当時はみんなぐっすり寝ていましたが、

最初の強い揺れで大人2人が飛び起きました。

 

いつもつけている電気が消え真っ暗の世界

とりあえず子どもを守らなければと手探りで探すも

子どもは寝ながら移動しているので全く場所が分からず

 

何とか3人のうち2人の足と身体に触れ、

掴み覆いかぶさってました。(暗かった&プチパニックで誰か覚えてもいないですが、、、)

心の中で「残るもう1人、無事でいて!」と思うしかできませんでした。

 

 

「子どもを守れないかもしれない」

 

その考えが過った瞬間が一番怖かったです。

 

お父さんは卵磨きをして、そのまま隣の居間で寝てしまっていて、

暗闇の中でお互いに声をかけて無事を確認し、

すぐに懐中電灯を点けました。

f:id:tobutorifarm:20180909094452j:image

暗くてよく見えませんが卵が散乱してます。

地震の揺れの影響でなく、暗い中お父さんが引っかかってしまったためです

 

この辺りで優作はただならぬ雰囲気に起きましたが、幸助と純平はぐっすり 

 

最近子どもと夏の夜を楽しむために100円ショップで買い足していたので、

家にヘッドライトを含め5つの懐中電灯があり、

私たちはラジオ生活でいつもNHKを聞いていたのですぐに状況も把握出来ました。

 

非常持ち出し袋などは用意してなかったので

もし避難するとき持ち出す最低限の荷物を玄関に。

 

私が選んだのはオムツとおしりふき

お父さんは通帳、印鑑

 

津波の心配がないのと震源が少し離れていたので

しばらくラジオ聞いて落ち着いて来た頃にもう一度就寝

 

そして朝方6時過ぎ再び大きめの地震

 

朝方に何件か無事の連絡をとった後

夫婦揃って携帯の充電が切れ、

のちにご近所の発電機がある農家さんで充電させてもらいましたが圏外

 

iPadの充電はありましたが、Wi-Fiは電気がないので繋がらず、、、

 

 

結局丸2日外部と連絡が取れなくなく

LINEがいつまでも既読にならないのを心配して

軍手を履いて直接家の方に尋ねて来てくれる人もいました。(倒壊している!と思ったそうです)

f:id:tobutorifarm:20180909125347j:image

↑ブロック塀が少し崩れました

番犬ジャンプ、さぞビックリしたと思います。

 

停電しましたが、幸い水とガスが通っていたのと

家にお肉、そして卵など豊富にあったのでコンビニに走ることはありませんでした。

とりあえず冷蔵庫にあった乳製品やお肉などをせっせと食べました。

 

そして約2年半くらい前からご飯は土鍋で炊く生活をしているので、

炊飯器が使えなくて困ることもありませんでした。

 

早速停電1日目の朝食からご飯モリモリ

f:id:tobutorifarm:20180909205809j:image

 

夕飯は野菜スープ、味付き卵、ご近所のピザ屋さんから焼きたてパン、

農家レストランから豚カツの差し入れもあり、いつもより豪華な夕飯になりました。

f:id:tobutorifarm:20180909145402j:image

↑1日目夜ご飯の様子

 

停電2日目へ続く!

 

 

 

ようやく迎えた収穫の季節🌽

今年の夏は本当に寒く、

家の畑で育てている野菜たちの中でも

子どもたちは大好きなとうきびが収穫できるのを心待ちにしていました。

 

 

そして、ようやくとうきびの髭が色づき収穫の時を迎えました!

f:id:tobutorifarm:20180831094519j:image


↓収穫の喜びを表現している⁇
f:id:tobutorifarm:20180831094522j:image

子どもたちがとうきびを持っていると

トトロのめいちゃんを彷彿させます。

 

f:id:tobutorifarm:20180831095235j:image

 

ちょっと未熟でしたが

いただきまーす!

 

f:id:tobutorifarm:20180831094529j:image

「なんか美味しんだけど〜」と言いながらモグモグ食べる優作

「美味しい?」と聞くと「うん!」と答えてがつがつ食べる幸助

 

アライグマに食べられる前にいっぱい食べるぞー!

 

無視できない存在、虫!

虫。

 

山がすぐ近くのところに住んでいる私たちには切っても切り離せない存在、

それが虫です

 

子どもたちとお父さんは虫が大好きで、

夜になったら子どもたちと外に行って虫捕りをすることもあります

 

 

バーベキューをした時には家の電気に集まる虫を捕ったり

f:id:tobutorifarm:20180831092304j:image

セミを捕まえて兄弟で取り合いをしたり、
f:id:tobutorifarm:20180831092314j:image

↑幸助の足元に落ちてきたセミ
f:id:tobutorifarm:20180831092311j:image

↑欲しい優作

f:id:tobutorifarm:20180831092307j:image

↑優作ゲット!

 

敷地内の排水に蛍がいたこともありました

f:id:tobutorifarm:20180831093015j:image

見にくいですが蛍がいます

 

普段、蜂作業をしている私ですが

基本的に虫は苦手です。

 

セミは大きすぎて近くで見るのも怖いです

でも私が気持ち悪がって子どもたちも虫嫌いになったら嫌なので

嫌いなそぶりは見せないようにしています

 

 

ここで何年も暮らして入れば

いずれ虫が嫌いじゃなくなるときが来るのでは⁇

と期待してます。

 

 

虫は苦手ですが、

ススキの葉っぱを使ってバッタを作りました。

f:id:tobutorifarm:20180831093703j:image

 

 

 

 

 

 

 

これぞ避暑地、北海道!

8月、といえばその文字だけで

「暑い」

とイメージするのに今年は本当に涼しいです

 

8/2〜11の日程で徳島のお義父さんお義母さん、うち二日間お義兄さんが徳島からやって来ました!(お義兄さんは新潟から)

徳島の方は連日30度超えでしたが、日中も気温がそこまで上がらず

朝と夜は寒いくらいでした。

 

滞在中、本当にたくさん子守&家事をしていただき心穏やかに過ごすことができました

お義兄さんは子どもの扱いがものすごく上手く、

優作も幸助もハイテンションで遊んでもらってました

 

↓外で捕まえた虫を図鑑で調べ中

f:id:tobutorifarm:20180821024706j:image

 

滞在後半、採蜜も行いました!

↓蜜蓋を切るお義母さん

f:id:tobutorifarm:20180821024657j:image

↓岡山から来た競艇選手の友人かっしーさんも🚤

f:id:tobutorifarm:20180821024701j:image

採蜜、一人だと大変な作業なので手伝ってもらえ嬉しかったです!

 

そして採れたはちみつ🍯

今年初めて置き始めた蜂場で採れたはちみつ

栗の蜜がたっぷり入って

黒糖のような、焼き芋のような風味のはちみつ


f:id:tobutorifarm:20180821024709j:image

お楽しみに〜

 

お義父さん、お義母さん、お義兄さん、かっしーさん、ありがとうございました。

 

 

家畜写真家AKAPPLE(あかっぷる)さんがやってきました!

先日、飛ぶ鳥農場に
家畜写真家のAKAPPLE(あかっぷる)さんがやって来ました!

f:id:tobutorifarm:20180726234344j:image

あかっぷるさんが挑戦したクラウドファンディング
『「いただきます」を世界共通語へ』への支援したリターンとして撮影📸

 

飛ぶ鳥農場は

 

卵を産んでくれる「鶏」

f:id:tobutorifarm:20180726234408j:image

f:id:tobutorifarm:20180726234416j:image

f:id:tobutorifarm:20180726234433j:image

 


蜂蜜を集めてくれる「蜂」

f:id:tobutorifarm:20180726234452j:image

f:id:tobutorifarm:20180726234456j:image

 


草を食べてくれる「ヤギ」

 

f:id:tobutorifarm:20180726234515j:image

 


畑を耕す「豚」

f:id:tobutorifarm:20180726234533j:image

 


鶏を守る「犬」

f:id:tobutorifarm:20180726234604j:image

 

この子たちの頑張りによって
卵、はちみつを皆さんに提供する事が出来ています。

 


今回ブログにupした写真は全てあかっぷるさんが撮った写真になります📸

生き生きとした彼女、彼らを是非見てください!

 

 

「いただきます」

 

 

今回改めて意味を考えさせられる機会となりました。
あかっぷるさん、ありがとうございました。