飛ぶ鳥農場、ボリスブラウンの第2期生やってきました!

先日5/1、ボリスブラウンのヒナを導入しました!

生後1日の雛を由仁町にある種鶏場まで取りにいきます。

 

全身フワッフワでピヨピヨ鳴く声はとにかく可愛いです

↓生後1日目

f:id:tobutorifarm:20180509151753j:image

北海道の5月初旬は寒くいので、

ヒナたちが弱らないよう温度に気をつけなければなりません。

 

床には米ぬかと腐葉土、水を混ぜたものを入れて混ぜ

発酵熱を利用して暖をとります。

補助的な役割で白熱電球カーボンヒーターを利用します。

↓右がカーボンヒーターで左が白熱電球

f:id:tobutorifarm:20180509230213j:image

 

日々の成長はとても早く、

全身ふわふわだったのが、今では翼が出来てきました。

↓生後9日目

f:id:tobutorifarm:20180509230435j:image

 

この子たちが卵を産むのは約5ヶ月後

ここから毎日毎日、大事に育てていきます。

一年目は予想のしなかったことなどが多発したので、今回の子たちにそれを活かせると思うととても楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2年目の春が来ました

厳しい冬を乗り越え就農二年目の春を迎えようとしています。

去年より雪が多く北側の山はまだまだ雪が残っています。

f:id:tobutorifarm:20180412200408j:image

裏山の水芭蕉もあと少しで見頃を迎えます。

f:id:tobutorifarm:20180412200543j:image

f:id:tobutorifarm:20180412200550j:image

エゾアカガエルの卵。もうすぐエゾサンショウウオも産卵し始めます。

f:id:tobutorifarm:20180415104105j:image

越冬から目覚めた蜂たちも元気に飛び回っています。

f:id:tobutorifarm:20180415103934j:image

蜜が取れるのはもう少し先になります。ゆっくり見守っていきたいと思います。

 

 

養鶏家時々きこり

僕は自然養鶏家です。

基本的には鶏たちの世話に明け暮れていますが、子供達の目を盗み、きこりになります。木の伐採は大変危険な作業なので子供はまだ連れていけません。もう少し大きくなったら薪割りを教えてあげようと思います。

山への装備品です。ワクワクします。

チェーンソーと使い込んだ和斧、クサビ、樹皮ハンディー図鑑、防具。たまに犬。

f:id:tobutorifarm:20180209123147j:image

 

風のない冬の山はとても気持ちがいいです。

葉が落ちて木の状態がよく分かりますね。

ヤチダモの木です。

この病気はなんなんでしょう?

f:id:tobutorifarm:20180209123220j:image

この病気にかかってる木の葉は他の木と比べると早く落葉しています。

これはツタによる影響なのか、覇気が感じられません。

f:id:tobutorifarm:20180209123235j:image

20年以上手入れされていない山なので倒木、立ち枯れが沢山あります。こないだの爆弾低気圧でも大きなエゾマツが折れてしまいました。とりあえず伐採する木はこういう死んだ木や死にいく木です。これらを伐採して薪にします。

f:id:tobutorifarm:20180209123306j:image

傾いているヤチダモの巨木。

f:id:tobutorifarm:20180209123333j:image

これは折れて倒れる危険がありそうなので腕を磨いてそのうち伐採します。

妻はアイスキャンドル作り、私は薪作り。厳しい冬に、良き生活を送っています。

f:id:tobutorifarm:20180209125331j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本能の目覚め

2月も始まったばかりなのに厚田はすでにアライグマが捕獲されています。年々数を増やしています。

農家にとっては農畜産物を荒らす嫌われ者です。去年は鶏たちに被害はありませんでしたが、餌のポップコーンはずいぶん被害にあいました。

かじられた跡です。

f:id:tobutorifarm:20180205141453j:image 

今日は経理の関係で厚田支所の方が、他の農家さんで捕獲したアライグマを回収がてら農場に寄って行きました。捕獲されたアライグマは市が処分します。

f:id:tobutorifarm:20180205141728j:image

3匹も捕獲されたと聞いて、せっかくなので見に行くと・・・えっ!?1匹脱走してる!

荷台からボンネットによじ登りフロントガラスを颯爽に滑り降り無事地面に着地。除雪して走りやすかったのかそのまま鶏舎へまっしぐら。もふもふした体が何とも可愛らしいです。

鶏舎西側の静かなる門番ピューマに見つかりUターン。鶏舎によじ登ろうとしてるところでピューマに御用になりました。

f:id:tobutorifarm:20180205142339j:image

アライグマの鶏への被害はこの時期から春先が一番多いみたいなので亡きオペラの分も門番よろしくお願いします。

 

 

 

馬に乗る

長男の優作は3歳の誕生日を無事迎えました。いろんな人に面倒を見てもらい、大きな怪我も病気もせず元気一杯に成長しています。

誕生日プレゼントはモノではなく経験という事で、今回は乗馬がプレゼントです。

家から10分ぐらいのところにあるフロンティア乗馬クラブへ行ってきました。

馬さんが沢山います。

f:id:tobutorifarm:20180202181449j:image

優作の乗る馬です。名前はリーサーです。23歳の大ベテラン。今日はよろしくお願いします。f:id:tobutorifarm:20180202182003j:image

人参をあげて早速乗馬!

おお、一人で乗ってる。

f:id:tobutorifarm:20180202182101j:image

ずいぶん遠くへ行ってしまいました。

f:id:tobutorifarm:20180202182256j:image

帰ってきましたが何か姿勢が変だぞ。

f:id:tobutorifarm:20180203020955j:image

幸助もせっかく来たので一緒に乗りました。

f:id:tobutorifarm:20180203021057j:image

 なんだか癒された時間でした。また遊びにきたいと思います。

 

裏山へ登る

1月も中旬になりました。

最近は雪も少なく晴れた日も多いので除雪とか卵の出荷とかいろいろ助かってます!

 

つい先日久しぶりに裏山へ散歩に出かけました。

山の頂上は拓けた場所なので、ここから見る満点の星空は100点です。ただ、笹が繁茂しているので(今は雪の下)時間をかけてゆっくり刈ろうかと思います。

いつかここに小さな小屋を建てて、美味しいコーヒーを飲みながらソローの本を読みたいと思います。

f:id:tobutorifarm:20180123024905j:image

f:id:tobutorifarm:20180123025913j:image

春が来るのが待ち遠しいですが、冬至も過ぎて日がちょっとだけ長くなるこの時期が一番大好きです。

この日は次男の幸助をソリに乗せて、番犬のピューマ(ブログ初登場)と登りましたが寒かったのか幸助はソリから出てこようとしませんでした。

f:id:tobutorifarm:20180123030311j:image

心も体も強い男になるんだぞ、幸助!!

 

 

 

 

 

縁起物!『大寒卵』🥚

1月20日は二十四節気の一つ、一年で最も寒い日と言われている『大寒

この大寒の日に産まれた卵を『大寒卵』といい、この卵を食べると

 

「一年健康に過ごせる」

「お金に困らない」

 

と云われており、縁起物とされています⛩

 

また、この時期は寒いため、鶏が水を飲むのを控える、寒さに耐えるために餌をいっぱい食べるので卵が濃厚になり一番美味しい時期なのです💡

 

f:id:tobutorifarm:20180122151319j:image

 

直売所の方でも売れた為、コープのご近所野菜コーナーには限定17パック(大 12パック:小 5パック)の納品となりました。

今回は11店舗へランダムに納品したので大寒卵の納品されてない店舗もあります。

 

なのでGETした方はかなりラッキーです❗️

 

f:id:tobutorifarm:20180122151638j:image

今回初めてパックの中にメッセージの紙を入れました

開けた方が喜んでくれたら嬉しいです🎶

 

パッケージの方には『大寒卵』のシールを貼りました✌️

f:id:tobutorifarm:20180122151833j:image

f:id:tobutorifarm:20180122152617j:image

 

大寒卵を食べて今年の運気が上がりますように…

 

ちなみにいつもはヒビの入った卵などを自家用として家で食べてるのですが、この日だけは贅沢に綺麗な卵でオムライス

 

f:id:tobutorifarm:20180122153112j:imagef:id:tobutorifarm:20180122153133j:image

ご馳走さまでした!