ふんッ!!!! お、お、重い。。。

産卵が始まり、産卵箱作りが急務になっています。

平飼い養鶏は産卵箱でその養鶏場のレベルが分かると言われるぐらい重要みたいです。。。これは気合が入ります。

f:id:tobutorifarm:20170926235631j:imagef:id:tobutorifarm:20170926233052j:image

家を直した時に出た廃材を利用しています。

 

鶏は薄暗くて狭いところ(身も心も安心出来るところ)で卵を産む習慣があるので、それに合うように産卵箱を作ります。

平飼い養鶏では、産卵箱に産んだ卵を集める直接式と、産卵箱が少し傾斜になっていて産んだ卵がコロコロと転がり通路から直接卵を集めれるコロコロ式が一般的です。コロコロ式は、作業的には断然楽なのですが、鶏が卵を産みにくそうなので飛ぶ鳥農場では直接式を採用しました。

 

産卵箱の後ろに蝶番を付けて通路から卵を集めるイメージです。

f:id:tobutorifarm:20170926234532j:image

で、とりあえず産卵を開始した岡崎おうはん分の1つ完成しましたが・・・重たすぎ。

この重量感半端ないです。試行錯誤の末…

f:id:tobutorifarm:20170926234849j:image

こうやれば何とか1人で運べそうでしたが、(奥さん、大笑い)

 

腰が砕けたら大変なのでトラクターで運びます。

そして子ども2人が寝てるチャンスを見て奥さんと2人で設置します。(とてもやんちゃボーイを見ながらでは出来ない!)

 

今は1日に5羽ほどが騒がしい床で大勢の鶏に見られながら恥ずかしそうに産卵しているので、早く設置してあげたいです。

産卵箱で産んでくれますように…

 

 

 

秋のはちみつ採れました🍯

昨日の夜の土砂降りが嘘だったかのように見事な秋晴れ

 

朝に厚田の漁港帰りの友人が立ち寄ってくれ、十勝に行ってGETした美味しいパンと小麦のお土産を頂き、その後妹の友人夫婦(2週間前に式を挙げたばかり!)が手伝いに来てくれました

 

f:id:tobutorifarm:20170924221900j:image

 

久しぶりのMy蜂からの採蜜

今年は自分の失敗や天候不順が重なりなかなかハチミツが採れなかったので、なおさらハチミツが採れる事のありがたさが身に沁みます…

 

↓夏の不調からぐんぐん復活し元気いっぱいになったミツバチたち

f:id:tobutorifarm:20170924223341j:image

 

夏に採っていなかったアカシアを始め、クローバー、近くのえんどう豆やかぼちゃ、イタドリと沢山の花の蜜が入った奥深い味わいのはちみつとなりました🍯

f:id:tobutorifarm:20170924222033j:image

手持ちの瓶の在庫が尽きてしまい、瓶が届くのを待っている状態なので一週間後をめどに販売開始です。もう少々お待ちください✨

 

そんな採蜜DAYの今日の子どもたちの様子📸

f:id:tobutorifarm:20170924223704j:image

見事に、

本当に見事に泥まみれです。

f:id:tobutorifarm:20170924224109j:imagef:id:tobutorifarm:20170924224129j:image

 

私にとって雨の次の日は

洗濯ものが大量になる日、

シャワーに何度も行く日、

心を大らかにしないといけない日、

 

覚悟のいる日です。。。

 

 

 

 

 

飛ぶ鳥農場の鶏が。。。

なんと9月16日に岡崎おうはんが卵を産みましたーーー!!!

f:id:tobutorifarm:20170921193526j:imagef:id:tobutorifarm:20170921200425j:image

5月に初生として導入して早4ヶ月が経ち、慌ただしい日々の中よくここまで育ってくれたなーとしみじみ。

卵の重量は36g。ssサイズにも満たないかわいい卵でした。

卵割ってみると…

f:id:tobutorifarm:20170921193725j:image

このぷりぷりの濃厚卵白と盛り上がった黄身が食欲をそそります。

卵かけご飯にして食べました。

 

まろやかで優しい味でした。

 

卵の販売はもう少し産卵が安定してからを予定しています。それまでにパックのデザインや卵の名前、餌の再調整、産卵箱作り、やること盛り沢山ですが家族で協力して乗り切っていきたいと思います。

 

ちなみに先日通過していった台風18号

本体が通過した後に吹いた強風によって見事に鶏の餌用のポップコーン、ひまわりが倒されてしまいました。

f:id:tobutorifarm:20170921202610j:imagef:id:tobutorifarm:20170921202623j:image

ただ、地面にべったりではないのでこのままの姿で無事育って乾燥してくれる事を祈ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ひまわりの季節🌻

鶏の餌用に蒔いたひまわりが満開の季節を迎えました!

太陽を浴びて眩しいほどに輝くひまわり。

f:id:tobutorifarm:20170821224235j:image

 

最初はハウス横では何も作る予定はなかったのですが、そのままにすると雑草の勢いがすごく…

草を刈る暇がないのでとりあえずトラクターで耕し、折角だから何か植えるか!の勢いでひまわりを植えました。

ひまわりを植えて大正解でした。

餌に使えるのはもちろん、何より景観が素晴らしい!

 外出するときに道路を走りながら見たり、作業の合間に横目で見てその度に感動してしまいます。

 

朝一に朝日を浴びるひまわり

日中の暑い日差しの中で咲くひまわり

夕日を背にして凛と立つひまわり

 

f:id:tobutorifarm:20170821225120j:image

 

1日の中で何度も私の目を奪います。

 

 

農場の横を走ってる車、バイクたちも少しで見てくれてるのかな?

 

 

 

 

 

 

 

北海道の短い夏の終わりを感じる今日この頃。

8月突入!新しい月になる度に、毎日がなんて早く過ぎていってるんだろうと思わされます。

 

7月を振り返れば石鹸作りのワークショップをしたり子どもが2人揃って手足口病にかかったり、加工場に使うシンクや作業台をGETしたり加工場となる部屋の床が完成したり、、、

あげていくとキリがないので、月末に東京の銀座であったはちみつフェスタを振り返りたいと思います。

 

去年から蜂仲間のお誘いを頂き、国産はちみつを多くの人に届けたいという思いから発足した「All Japan Honey 」の一員として参加させてもらいました。

f:id:tobutorifarm:20170808213635j:image

去年も一員としてフェスタに参加したかったのですが、次男の予定日が近く断念。

はちみつのみの出展となりました。(結局予定日より早まりフェスタ2日目の7/30に誕生!)

 

普段から養蜂で困ったことなどがあったらチームで相談したりしていたのですが、お会いするのはほとんどの方が今回が初めて…

 

緊張の中、人生初の銀座へ向かいました。

 

成田空港に着いてまず感じたのが「湿度」

北海道では考えられないようなムワッと感が…

今住んでるところの魅力は外に出ないと気がつかないものですね。

 

ポケットWi-Fiを持っていってたのでそれを使いながらすんなり銀座に到着!

会場ではすでに準備が完了していました。

SNS上で見る写真でしか皆さんをイメージすることがなかったので直にお会いできたのが嬉しかったです。

 

みんなでパシャり📸

f:id:tobutorifarm:20170801215313j:image

普段はバラバラの瓶で販売してますが、年に一度のフェスタだけ統一してみんなで出店!

f:id:tobutorifarm:20170808214053j:image

f:id:tobutorifarm:20170808213705j:image

今回はミード酒も販売してました。

もともとお酒は飲む方でなく、妊娠と授乳などが続きお酒を口にするの本当に久しぶりでしたが、その久しぶりがこのミード酒で良かったぁ、と思えるような美味しさでした❗️

 

 

今回はフェスタ迄にはちみつの糖度が上がりきらず、商品として持って行くのは諦めていたのですが、仲間からせっかくなのでお客さんに糖度が上がりきる前のはちみつを食べてもらってはどうか?と提案を頂き少し採蜜して10瓶ほど持って行きました。

 

試食のさいに説明し食べてもらうと食べた人たちがフルーティー味わい、花の香りに驚き、中には買いたいと言って下さる方も…

結局持って行った10瓶はみんな無事嫁いでいきました。

フェスタに来る方々ははちみつ好きな方が多いので、普段は食べることの出来ない「レアなはちみつ」として楽しんでくれました。

私自身もそんなお客さんの反応を見るのが楽しかったです。

 来年は銀座に赴くのは難しいかもしれないですが、また是非フェスタに参加したいです。

 

 

 

フェスタの他に東京の思い出で是非とも書き残しておきたいのが、人生初の「ゲストハウス」に滞在したことです。

今回フェスタに行くことを決めてからすぐに飛行機のチケット、滞在場所探しをしました。

1人でどこか行くならバックパッカーのホテルに泊まってみたいとずっと心の中にあったので、銀座近くにゲストハウスで検索。

 

見つかったのが浅草にある「レトロバックパッカー

門限が22:00迄で、フェスタ仲間との懇親会の後十分間に合う時間に駅に到着し、ポケットWi-Fiの充電が切れてしまったので写真に収めてた地図を見ながらホテルへ。

 

見事に道に迷いました。

本当に見事に…

 

見慣れない街並、暗くて目印が見つからない、人が全然いないの三拍子。

 

いかにも地元の人、という感じの人を探し声をかけさまよい走り回りました。

駅から徒歩9分で着くはずなのに20分近く走り回っても到着出来ず、門限5分前にホテルに電話し「今近くにいるのは確かなのですが迷子になりました!」と連絡。

最後は道路工事の作業員さんがスマホのナビで検索してくれ、5分遅れで到着。

 

ただでさえ蒸し暑いのに30分走り回って汗だくに!

 

女性用ドミトリーで予約しており、他のお客さんは就寝していたので音をたてないよう細心の注意を払って2段ベッドの2階へ…

その後シャワーを浴びて爆睡しました。

f:id:tobutorifarm:20170808212426j:image

↑街並に溶け込んでいる(溶け込み過ぎ⁉︎)ホテル

f:id:tobutorifarm:20170808212548j:image

↑他のゲストと交流する場所

f:id:tobutorifarm:20170808212833j:image

↑受付カウンター

f:id:tobutorifarm:20170808213104j:image

↑自由に使って良いキッチン

 

翌日、早くにホテルを出たので他のゲストさんとの交流はなかったですが次フェスタ参加する際も是非泊まりたいです。

次は迷わずにたどり着けます✌️

 

そんなこんなで一泊二日の東京が終わり羽を伸ばさせてもらいました。

出発前から具合の悪かった長男は病院に行った結果RSウイルスにかかっており、その後次男にも移り看病で1週間があっという間に過ぎていきましたが、今は2人とも復活!

次男の幸助も無事一歳の誕生日を迎え、1人で立つのが上手になりました。

f:id:tobutorifarm:20170808215132j:image

 

大きな病気、怪我なくすくすく育ちますように。。。

 

毎日子どもたちの世話に追われて思うようにいかないこともありますが、今しか過ごせない子どもたちとの日々をしっかり楽しみたいと思います。

 

夜が来れば秋を感じるこの頃。

8月はどんな一ヶ月になるかなぁ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下を向ぅいて歩こ〜ぉおう♬(海では)

家から車で2分ほどの所にある海水浴場には朝一に行くとシーグラスというのが落ちています。(日中になると拾われてなくなります)

シーグラスは割れたガラスや瓶などが海の中で長い年月をかけて砂に削られ、表面がサラサラとしたガラスのカケラのことです。

f:id:tobutorifarm:20170709224448j:image

海にお散歩へ行く度に集めていたのですが、先日ネットで素敵なアクセサリーになるのを発見。

今日パン屋さん時代のバイトちゃんが農場に来たのを機にみんなで作ってみました。(暑い中遠路はるばるありがとう!)

 

ワイヤーを使って…ジャジャーン!

 

素敵✨(自画自賛)

f:id:tobutorifarm:20170709225044j:image

ネックレスにも出来ますし金具があればイヤリングに変身します!

久しぶりに何か作ることに熱中しました。 

もっともっといっぱい拾ってもっともっといっぱい作るぞ〜!

 

因みにチビちゃんズはお庭でプール遊び

f:id:tobutorifarm:20170709234305j:image

ビニールプール、猛暑の必須アイテムです。

 

 

 

農場の最近のいろいろ。

6月に飛ぶ鳥農場、今期初マルシェがありました!

札幌駅の裏手にオープンしたゲストハウス「Ten to Ten sapporo station」の中庭でのマルシェ。

f:id:tobutorifarm:20170702110728j:imagef:id:tobutorifarm:20170702110752j:image

そこで「春の蜜」がデビュー!あいにくの雨でしたがお客さん、出店者の方とじっくり話しが出来、とても実りのある一日となりました。

早々と春の蜜が完売してしまい2日、9日は出店出来ませんが7/16に行われるマルシェに「夏の蜜」を持って参加予定です。

 

寒かった6月が終わり、7月に入り気温も上がり野菜たちがぐんぐん成長しています。

家の目の前の畑ではズッキーニ、とうきび、きゅうり、トマト、大豆、大根、カブ、ラディッシュ、エンドウ、じゃが芋、人参、小松菜、ピーマン、ししとう、鷹の爪、バジル、青じそが植わさってます。

↓ ズッキーニ大好きなので大きくなっていく様子を見てワクワク。1番楽しみにしている野菜です。

f:id:tobutorifarm:20170702102016j:image

↓頂き物の苗、最近実がつき始めて大玉だったんだとびっくり

f:id:tobutorifarm:20170702105122j:image

↓葉っぱも美味しそう

f:id:tobutorifarm:20170702105157j:image

ちなみに昨日畑での初収穫がありました。こちらの小松菜!

f:id:tobutorifarm:20170702102838j:image

ちょっと穴あきが多いですがチャーハンの具材となって美味しく頂きました。

自分の育てたものは格別です。

カブもそろそろ採り頃、浅漬け、スープ、煮物、ガーリックソテー(おっと、ヨダレが・・・)

 

農場では自分たちで食べるもの以外のものも育てています。

鶏用のヒマワリとポップコーンです

f:id:tobutorifarm:20170702103819j:imagef:id:tobutorifarm:20170702103831j:image

私の蒔いたヒマワリ、うねうね、ときには二股に…(汗)

そして一箇所から7本くらい芽が出てるので間引くのが大変そう〜

ヒマワリの種は高脂質なので冬の間の餌に混ぜ身体をしっかり温め、厳しい冬を乗り越えてもらいます。

また鶏が卵を産むのに必要な動物性タンパク質として「佐藤水産の鮭醤油」を製造する際に出る「鮭醤油カス」をあげるのですが、これが高塩分なのです。(一般的な養鶏で与えられる魚粉だと卵に生臭い匂いが写ってしまうのですが、鮭醤油カスではそれが起こらなく最高に良いのです)

そこでヒマワリの種!ヒマワリの種には余分な塩分を体外に排出する作用があるので鶏の健康維持にも期待してます。

 

そしてポップコーン、夏の間は草刈りした草をあげれば黄身に程よく色が付きますが、冬は草がないのでその代わりにポップコーンを餌に混ぜて黄身が白くなりすぎないように調整します。

 

そして噂の鶏さんたちの現在の様子

ハウスの中でしっかり小屋に入ってます、と言いたいところですが黄色のヒヨコだったボリスブラウンたちは隙をみて脱走します。

黒いヒヨコだった岡崎おうはんは脱走が全くなかったので性格の違いなのかしら…

と言いつつ、網を飛び越え時々お隣にお邪魔する岡崎っ子も。

f:id:tobutorifarm:20170702105612j:imagef:id:tobutorifarm:20170702105907j:image

ボリスたち大騒ぎでした。

鶏舎いろいろ手直しが必要だね、お父さん。

 

7月も忙しくなりそうですが、週に一度はブログ更新すること目標にやっていこうと思います!

それではまた来週〜(←自分へのプレッシャー)